畠山晃男

1.    名前 

畠山晃男(はたけやま こうお)

2.    JC役職 / 所属委員会

専務理事

3.    出向先 

なし

4.    入会年度 

2012

5.    JC役職経歴 

2014年 社会開発委員会 委員長

2015年 社会開発委員会 委員長

2016年 副理事長

2017年 専務理事

6.    勤務先

株式会社 畠山林業

7.    勤務先役職 

取締役

8.    勤務先事業内容

樹木の伐採・搬出

9.    勤務先URL

なし

10.  これまでの経歴

  高田高校を卒業後、すぐ家業の林業に従事しました。最初は間伐材の搬出からはじまりました。間伐の仕事はきつく、筋肉痛になったり治ったりの繰り返しでした。

  平成14年頃から本格的に機械化に取り組み皆伐作業の増えました。最近は機会ばかり乗っ

   ています。 

11.  なぜJCに入ったか

林業の先輩も入会されていたこと、近所の先輩に(隣の家の長谷川直前)誘われたことがきっかけです。ちょうど震災の年でもあったので少しでも地域の役に立ちたいと考えました。

12.  JCに入ってよかったこと

・人脈が増えたこと。

・人前で話すことが苦手でしたが、いろんな人と意見を言い合うことで、自分の考えを深  めることができ、人に思いを伝えることが少しうまくなった気がします。

・いろんな意見を聞く中で少し、我慢強くなりました。

・本当に微力ですが地域の役に立っているかなぁ~と感じることができたこと。

・子供たちを笑顔にできる事業に携われたことです。

13.  JCでなにをやりたいか

・震災の時に化石燃料などのない暮らしをし、エネルギーについて考えるようになりまし

 た。現在のエネルギー源のほとんどは有限な資源(化石燃料)を使用しているので、遠

 い将来必ず枯渇します。そうなれば今の豊かな暮らしができなくなるので、将来の子供

 たちのために持続可能な豊かな社会の基盤をつくれればと考えています。

 また同時に、地域で自給力を高め地域内の経済を豊かにできる事業をしていきたいと考

 えています。

・いろんな人と触れ合う事で自分自身を成長させたいと考えています。

 

 

第45代理事長

高橋 勇樹

リンク